トップページ > 組織構成 > バイオマスイノベーション研究会

バイオマスイノベーション研究会

目的・概要

 地球環境の持続・人口増加・脱石油・成熟社会で新価値の創造などに対応するため、バイオマス資源や微生物・動物・植物を有効に活用して、エネルギー・燃料・化成品・マテリアル・高付加価値食品などを生産する上流から下流まで一貫した実用化技術・商品開発の情報提供や支援、国の施策の情報提供なども行う。
 幹事の先生方と密接に連携し、国プロの取得や、会員企業の事業計画の企画立案に役立つ活動を行う。企業会員と幹事の先生方との密接な連携を図る。

開発する要素技術

 1.遺伝子組換え並びに新技術による植物バイオマスの増産・改良
 2.セルロース系バイオマスの効率的前処理と高度糖化技術
 3.醗酵、酵素変換、化学処理による燃料・化成品の実用化プロセス開発
 4.生成燃料・化成品の分離・濃縮・精製を含む加工技術
 5.植物バイオマス生産と環境浄化を併用できる総合技術

本研究会講演テーマ・講演者一覧

 一覧をPDFでご覧いただけます。
 バイオマスイノベーション研究会講演テーマ・講演者一覧(H29.3.31現在)(PDFファイル)

近畿バイオ・バイオマスイノベーション研究会委員名簿

会長:
 近藤 昭彦(神戸大 教授)バイオリファイナリー
副会長:
 田丸 浩(三重大 教授)生物資源利用学
幹事:
 宇山 浩(大阪大 教授)高分子材料化学
 明石 欣也(鳥取大 准教授)植物分子生物学
 片倉 啓雄(関西大 教授)生物プロセスシステム工学
 福崎 英一郎(大阪大 教授)メタボロミクス
 片岡 道彦(大阪府大 教授)微生物応用工学
 赤松 史光(大阪大 教授)燃焼工学
監事:
 梅村 勲(NPO法人近畿バイオ専務理事)
顧問:
 新名 惇彦(奈良先端大 名誉教授) 植物代謝工学
 植田 充美(京都大 教授) 細胞表層工学
 成 文喜(韓国 国民大学校 自然科学大学 生命ナノ化学科 教授)
会員:
 (株)カネカ、サントリー(株)、レンゴー(株)、不二製油グループ本社(株)
事務局:
 中尾 正宏(NPO法人近畿バイオ常務理事)