トップページ > 活動情報一覧 > 金沢大学 セミナー&ブレーンストーミング in 関西のご案内

金沢大学 セミナー&ブレーンストーミング in 関西

製薬、化学、食品、香粧品等に展開する安全創薬研究


 金沢大学医学・薬学・保健学系の研究領域の異なる教授・准教授6名が安全創薬研究グループを作り、金沢大学重点戦略政策課題対応型研究推進プロジェクトに採択され、医薬品開発の効率化に資する副作用発現機構の解明と予測系の創出に関して研究活動を行っています。

 安全創薬研究グループでは、製薬・化学・食品・香粧品など、幅広い分野で民間企業等の皆様との積極的な共同研究を希望しています。

 そこで、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議では、(財)都市活力研究所、NPO法人バイオグリッドセンター関西と共催で、セミナーとともにブレーンストーミングを開催いたします。

 薬物動態や代謝、副作用等、創薬に関わる各専門分野の方、創薬のみならず食品や香粧品等、関連分野の専門家の方々に、多数お集まりいただければ幸いです。

 詳しくは、金沢大学 セミナー&ブレーンストーミング in 関西(PDFファイル)のお知らせをご覧ください。

日時:
 平成25年2月18日(月)
  14:00~17:30

主催:
 NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議

共催:
 公益財団法人 都市活力研究所
 NPO法人 バイオグリッドセンター関西

協賛:
 一般財団法人 バイオインダストリー協会(JBA)

場所:
 公益財団法人 都市活力研究所 セミナー室(新阪急ビル9階)
   地図 → http://www.urban-ii.or.jp/about/

会費:
 無料

内容:
創薬プロセス的分類
■設計・合成  国嶋崇隆
■吸収・輸送  加藤将夫
■代謝・毒性  横井毅
■分布・動態  川井恵一

14:00~14:10
オープニング NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議 理事 魚谷信夫

14:10~14:30
「薬物標的タンパク探索の現状」
 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 生物有機化学 教授 国嶋崇隆
 医薬品に代表される低分子化合物の体内動態においては、血漿タンパク、トランスポーター、標的となる酵素や受容体、更に薬物代謝に関与する酵素など、様々なタンパク質との相互作用が問題となり、これらの作用タンパクを特定し、相互作用を解明することが重要である。可逆的で弱い相互作用を介した標的タンパク質の特定技術に関する現状に触れながら我々の最近の成果を紹介する。

14:30~14:50
「薬物治療、健康増進への膜輸送体の応用」
 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 分子薬物治療学 教授 加藤将夫
 膜輸送体は、栄養素、薬物、代謝物などの細胞膜透過に働き、それらの細胞内外での濃度比を規定するタンパク質である。従って膜輸送体は、医薬品、香粧品、食品など、さまざまな分野の発展に応用できる可能性がある。本発表では、香粧品や外用添加剤による皮膚膜輸送体の制御と安全性向上、膜輸送体を利用した炎症性疾患の予防など、いくつかの膜輸送体応用例を紹介し、その可能性を検証する。

14:50~15:10
「薬物代謝と毒性領域の前臨床試験の新たな展開」
 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 薬物代謝化学 教授 横井毅
 薬物性肝障害について、野生型の正常マウスを用いた動物モデルの確立と、発症メカニズムの検討結果、および創薬等のスクリーニング試験への応用の可能性についてのデータを示す。アシルグルクロニド等の反応性代謝物のin vitro評価系を提案すると共に、安全性研究に資するマイクロRNAの基礎的検討結果を示し、その将来性について考える。

15:10~15:30
「分子イメージングの創薬への応用-トランスポーター標的PET製剤と個別化医療-」
 金沢大学 医薬保健研究域 保健学系 量子医療技術学 教授 川井恵一
 PETなどの核医学画像診断に代表される分子イメージングは、生理的機能診断を目的としており、生体内の代謝機能や機能性分子活性の可視化を特徴とする。特に腫瘍で特異的に亢進するトランスポーターなどの機能性分子に着目した診断薬開発の現状を紹介する。さらに、放射線内用治療薬の個別化治療の現状と新しい概念に基づいた個体差要因モニタリングの可能性について概説する。

15:30~15:45
休憩

15:45~17:30
ブレーンストーミング
 講演に際してポイントをおいた事柄を簡単に解説いただいた後、自由に意見交換をしていただきます。
 参加予定メンバー
  ■設計・合成  国嶋崇隆
  ■吸収・輸送  加藤将夫/玉井 郁巳
  ■代謝・毒性  横井毅
  ■分布・動態  川井恵一
  ■臨床・副作用 崔吉道

金沢大学 安全創薬研究グループの研究内容
http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/~anzensouyaku/
http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/~anzensouyaku/member.html

参加申込み:
 参加ご希望の方は、2月15日(金)までに、
 ファックス申込用紙にご記入の上送信頂くか、申し込みフォームにてお申込み下さい。

お問い合わせ・申込先:
 NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、
  電話:06-6459-6795 、FAX:06-6447-7011